お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

お見積りフォーム

  • ホーム
  • youtubelab
  • TrueView動画広告とは。高い費用対効果の理由  [TrueView動画広告運用編2]

youtubelab

TrueView動画広告とは。高い費用対効果の理由  [TrueView動画広告運用編2]

2014年2月25日

こんにちは!totoです!
今日はいつもより少し暖かく感じます。

 

突然ですが、
明日は弊社の新卒会社説明会です!

来ていただく就活生の皆さんに
JPCの雰囲気や、やっていることを知っていただくために、

社内では色々と準備中です!

 

 

さて、本題!
TrueView動画広告運用編、第2弾は、

 【高い費用対効果の理由】 です。

 

 

「YouTubeというメガ動画配信サイトで、

"広告"となると、何百万、何千万とお金がかかるだろうし、

始められない...!」

 

そう思っていらっしゃる広報・販促担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか...?


 

 

実は、YouTubeの広告は、

1円から始められるんです!!!

 

 

 

なぜなら、YouTubeの動画広告は、

GoogleのAdWordsから出稿する、いわゆる「課金システム」でなっているからです。

GoogleのAdWordsが何か、ご存知ない方は、
JPC姉妹ブログであるGoogle研究所をご覧下さい!

http://www.jpc-ltd.co.jp/web/googlelab/2013/06/about-adwords1.html

0225_01.png
 

                      ・
                      ・
                      ・

ですから、例えば、

■キーワード単価の安い狙い目のキーワードを狙ったり、
■商品のキャンペーンに合致したターゲットに絞ったり、

そうすることで、無駄なお金をかけずに興味のあるユーザーに広告を打つことができます!

 

 

 


 

 ■■TrueView動画広告が費用対効果が高い理由■■ 

具体的に、TrueView動画広告がなぜ費用対効果が高いと言えるのか、
紹介していきます。

 

【理由1】 ターゲティング

年齢性別地域ジャンルキーワード視聴端末その他(曜日・時間帯・言語等々)で、
ターゲティング設定が可能です。

例えば、ジャンルで言うと、
■ユーザー登録の際に選択したカテゴリに関連性の高い動画再生ページに記載したり、
■ユーザーのサイト閲覧履歴などからユーザーの興味を分析して配信したり、
することが可能です!

 

これだけターゲティングができれば、

興味のあるユーザーにPRして、
興味がないユーザーには無駄なお金をかけないので、

費用対効果が高くなることでしょう。

 

※ターゲティングの件は、次週もう少し掘り下げてお伝えする予定です!

 

 

 

【理由2】 5秒スキップ

動画再生の前に5秒でスキップできる動画広告。

このTrueView動画広告は、

なんと5秒でスキップしたユーザーに対する広告費は、 0円  です!!

 

と、言いますのも、この広告の課金は30秒以上広告を見たユーザーだからです。
(30秒以内の動画広告に関しては、動画を最後まで見たユーザーに限ります。)

 

ここでは、

30秒以上、動画広告を見たユーザーはかなり強い興味を持ち、

ニードの高い見込み顧客であることがわかります。

費用対効果が高くなるのが明らかですね。


 

 

【理由3】 リマーケティング

例えば、

■自社サイトに訪問したことがあるユーザーに対して、貴社のYouTubeのTrueView動画広告を見せる。
■YouTubeの動画広告を見たことがあるユーザーに対して、他のサイトでバナー広告等を見せる。

等があり、ニードの高いユーザーを追尾し続けることが可能です。

 

店舗でいーーーーーっぱいある商品の中で、

1回だけではなく、2回、3回と複数回目に付いた広告の商品に、

ついつい手が伸びてしまったことはありませんか?

 

リマーケティングをして広告イメージを消費者に焼き付けると、

そんなところにも効果を発揮します!

 

ここでの対象者は、

■一度、動画広告を課金されるまで視聴したり、
■WEBサイトに訪問した

ユーザーなので、

リマーケティングにおいても興味のあるユーザーに広告をうつ。という点で、
費用対効果を高くすることに繋がります。

 

 

まとめると...、

興味のあるユーザー限定して広告を出して消費に繋げる。 

ということが、YouTube動画広告では可能なわけです。

 

 


 

今回のYouTubeブログは以上です!

みなさんも、少ない広告費で高い費用対効果を出していきましょう!

Web広告&SNS広告の運用に関するお問い合せ・ご相談は今すぐこちら

【営業時間】平日9:00〜18:00(土日祝除く)

お問い合せフォーム

運用相談フォーム

専任アドバイザーが伺います
【訪問可能エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・滋賀

Web広告&SNS広告運用 AdMarket