AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム


【初心者向け】最近よく聞くリマーケティング広告/リターゲティング広告とは?[Web広告運用代行 Vol.1]

2018年9月28日

Webマーケティングでおさえておきたい、Web広告に関する知識を本カテゴリでは分かりやすくお届けいたします。第1回目は「リマーケティング広告/リターゲティング広告」についてです。
普段、PCやスマートフォンでネットサーフィンをしていると、少し前に閲覧したサイトや、購入を迷っていた商品の広告を目にすることがありませんか?ついつい広告をクリックしてしまう反面、どうして私の行動を知ってるのだろう?と不思議に思われたこともあるかと思います。これが、リマーケティング広告(リターゲティング広告)というWEB広告の一種なのです。この基本的な概念についてご紹介します。

1.リマーケティング広告とは

  • Googleディスプレイネットワーク(GDN)→「リマーケティング広告」
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)→「リターゲティング広告」

特定のWEBページにおけるユーザーの訪問履歴を基に、再アプローチを行う広告のことです。代表的なものとして、Googleディスプレイネットワーク(GDN)のリマーケティング広告やYahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)のリターゲティング広告があります。少し呼び方が違いますが基本的な原理は一緒です。

2.リマーケティング広告の仕組み

リマーケティング広告ではGDNやYDNのタグを使用し、ユーザーの訪問履歴を取得しています。このタグを任意ページに設置することで、ユーザーのCookie情報を所得することができます。タグの設置されたページを通過したユーザーは訪問者としてリスト化され、このリストを基に広告を配信することで、リマーケティングを行うことができるのです。

3.リマーケティングの重要性

閲覧履歴を基にターゲティングしているため、リマーケティング広告については少し怖いイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、マーケティングの観点から見ると非常に重要な手法だということが分かります。皆さんは普段買い物をされる際、一番始めに訪れた店で商品の購入を決められますか?恐らく、いくつもの店舗を回り、他店の商品と比較さえた上で気に入ったものを購入されていると思います。
WEBマーケティングにおいても同様のことが言えます。リスティング広告やSNS広告を活用し、ユーザーをサイトに流入させても、それだけでは十分とは言えません。検討段階のユーザーに対して、商材を再認識・再行動してもらうことが非常に重要となるのです。

まとめ

代表的なリマーケティング広告は以下の2つです。

  • Googleディスプレイネットワーク(GDN)
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)

一見すると不思議なものに見えるリマーケティング広告も、実際の仕組みを見てみると意外にシンプルなものだということが分かります。しつこく見られるケースもありますが、実際に私も商品の購入をリマーケティング広告に後押しされたことは少なくありません。
WEB広告において大事なのは、ユーザーにとって必要な情報を届けるということ。リマーケティング広告を上手に活用すれば、ユーザーにとっても広告主にとっても有益になること間違いなしです。是非この機会にリマーケティング広告にチャレンジし、ワンランク上の広告運用を目指してみて下さい。

▶次回は、リマーケティング広告の設定方法を詳しく解説します。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket