AdMarket

お気軽にご相談ください。

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6203-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

SNS広告 / 運用 
【よくある質問】LINE公式アカウント(旧:LINE@)の費用や友だちの増やし方は? [LINE運用代行 Vol.3]

2019年11月25日

これまでLINE@とLINE公式アカウントの違いや、LINE公式アカウントで成功する運用方法を説明してきました。今回は実際に運用を代行する中でよくある質問を紹介します。ぜひ自社のLINEアカウントの運用にお役立てください。

1.LINE公式アカウントの料金・費用っていくら?

  • 「フリープラン」月額0円→1,000通まで
  • 「ライトプラン」月額5,000円(税抜)→15,000通まで
  • 「スタンダードプラン」月額15,000円(税抜)→45,000通まで

LINE公式アカウント開設自体に料金はかかりません。料金プランが「フリープラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」の3つあり、それぞれ「月額0円」「月額5,000円(税抜)」「月額15,000円(税抜)」となっています。
また、送れるメッセージの数は、それぞれのプランごとに、「1,000通」「15,000通」「45,000通」という限度があります。なので、フリープランで友だちが100人の場合は月に10回までメッセージを配信できますが、500人の場合は月に2回までしかメッセージを配信することができません。
初期段階でどれだけ友だちが増えるか判断がむずかしい場合は、まずフリープランを試し、友だちの数を見ながら上の料金プランへ変更していく方法をおすすめします。

2.メッセージのカウントって?

「メッセージ」とは吹き出し一つのことを表しているのですが、このカウント方法が少し複雑なため、よく質問いただきます。
さきほど、LINE公式アカウントでは送れるメッセージの数はそれぞれのプランごとに限度があると述べましたが、1回のメッセージ配信で最大3吹き出しまで可能となっており、これを1カウントとしています。ただ、全てのメッセージがカウント対象に含まれるわけではありませんので、その内容を把握しておく必要があります。

■課金対象となるメッセージ種別
・メッセージ配信(セグメント配信を含む)
・Messaging APIの「Push API」

■課金対象とならないメッセージ種別
・チャット送受信(旧1:1トーク)
・自動応答メッセージ
・キーワード応答メッセージ
・友だち追加時あいさつ
・Messaging APIの「Reply API」

課金の対象となるメッセージ・ならないメッセージをうまく組み合わせて活用しましょう。

3.友だちを増やす方法は?

「LINEの公式アカウントを開設したものの、なかなか友だちが増えない」というのはよくあることです。LINEは、TwitterやInstagramとは違い拡散性が低いSNSツールです。ユーザーに「友だちとして登録」してもらうためには、企業名やLINEアカウント自体を知ってもらう必要があります。そのためには、下記にあげるような方法を活用してみてください。

・認証済アカウントを取得する(無料)
・プレミアムIDを取得する(年額1,200円(税別))

認証済アカウントを取得するとLINEアプリ内で検索の対象となり、よりユーザーから見てもらいやすくなります。そうすることで、友だちが増えるチャンスが広がります。またプレミアムIDは、通常ランダムで割り振られたベーシックIDとは異なり自由に設定することが可能なため、こちらもユーザーから検索してもらいやすくなります。

他に友だちを増やす方法として、以下のような方法も行っていきましょう。

・店舗型であれば、店頭POP展示物による告知やスタッフからの声掛け
・webサイト、メルマガ、カタログ、SNSで登録の呼びかけ
・プレゼントなど友だち登録キャンペーンを実施
・友だち登録後にクーポンやスタンプなどを付与する
・タイムライン投稿を活用し、「いいね」で拡散してもらう

自社サイトや他のSNSツールなど、オウンドメディアを用いたLINEアカウントの告知は必須といえるでしょう。ユーザーが企業アカウントを友だちとして登録するのは、メリットがあるからです。特典を用意することで、登録の後押しをしてあげる必要があります。

まとめ

今回はLINE公式アカウントの運用の中で、よくある質問を紹介しました。
幅広い世代で多くのユーザー数を抱えるLINE。Webマーケティングの1つの手段として注目度もかなり上がっており、弊社へのお問い合わせも増えています。今後もLINE公式アカウントへの理解を深め、より効果的な運用が行えるよう目指していきましょう。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket