AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

マーケティング
【WEBライティングのコツ】もう迷わない!誰でも簡単に分かりやすい文章を書くには

2019年12月 9日

WEBライティングとは、誰が読んでもわかりやすい構成で、検索エンジンで上位に出てくる工夫を加えた文章のライティング技術のことです。どんなにいい商品やサービスがあっても、その魅力を伝わらなければ意味がありません。WEBにおいてはどれだけわかりやすい文章・構成になっているかがカギとなってきます。今回は、読み手が理解しやすいWEBライティングのコツをご紹介します。

1.SDS法

SDS法とは、WEBライティングで頻繁に語られる手法の一つです。それぞれの単語の頭文字をとって名付けられました。

Summary = 全体の概要
Details  = 詳細の説明
Summary = 最後に全体のまとめ

上記のような順で、同じ内容を手法を変えて3回に繰り返して伝えます。最初に概要を持ってくるので、素早く結論をつけたい時に向いています。ニュースや通販番組でよく使われる手法です。WEBの訪問者は、その記事に自身が求めている情報があるかどうか瞬時に判断します。判断するのにかかる時間は約3秒だといわれており、情報がないと判別されれば、その記事を読むことはありません。つまり3秒で「読む必要がある」記事であることを認識させなければいけません。そのために、最初に概要を伝えておくことで読み手を惹きつけることができるのです。

2.PREP法

こちらもSDS法と並んでよく語られる手法です。

Point    = 結論
Reason  = 理由
Example  = 具体的な例
Point = 結論を強調

話をじっくりと説明したい時に向いています。PREP法の場合は最初に結論がくるので、ユーザーに「なぜ?」という疑問を与え、深堀の説明も読んでもらいやすくなるという利点があります。また理由と具体的な例を述べているので、説得力が増し、読み手の共感を得やすいです。

3.ペルソナを意識

ペルソナとは、サービスや商品を利用する架空のユーザーです。WEBサイトのターゲットとなるユーザー層の人格を、年齢、性別、職業、所在地、趣味など詳細に設定します。ペルソナの視点を通すことで、一方的な思い込みを排除し、よりターゲットに近い感覚でライティングすることができるため、質の高いコンテンツになります。また、ターゲット層に的確にアプローチすることができるのでSEO対策にも結びついていきます。ペルソナはターゲット理解への近道といえるでしょう。

まとめ

今回はライティングをする3つのコツを紹介しました。どのコツにも共通しているのは、「読み手に親切であるか」という点です。自分が検索した時にどういった情報がどんな形で欲しいかを考えれば、読み手にわかりやすい記事をつくることができるのではないでしょうか。ぜひ実践してみてください!

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket