AdMarket

お気軽にご相談ください。

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

SNS広告 / 運用 
【参考にしたい】企業のInstagramキャンペーン事例[インスタグラム運用代行Vol.18]

2020年6月23日

Instagramの運用で欠かせないキャンペーン。今回は、企業が行ったInstagram3つのキャンペーンをご紹介します。キャンペーンの形式はある程度決まっていますが、やり方は様々ですのでぜひ参考にしてみてください。

1.イベント×プレゼントキャンペーン

【株式会社ギフトモール】
日本最大級のギフト専門セレクトショップ「ギフトモール」を運営する企業。Instagramのアカウントでは、ギフトに関する情報やおすすめの情報を投稿しています。
母の日に「お母さんへの感謝のコメント」を投稿してプリザーブドフラワーが当たるという、母の日イベントにあわせたプレゼントキャンペーンを実施していました。
こちらは1,000近くのいいねと約250件のコメントを獲得しています。
キャンペーンの条件はアカウントのフォロー&コメントというユーザーにとってハードルが低いのも参加率を上げることになっています。
20200623_img02.png

2.ペットの写真投稿キャンペーン

【株式会社ニトリ】
言わずと知れたインテリア小売業大手の企業。Instagramアカウントでは、インテリアの紹介はもちろん、キャンペーンも度々行っています。
対象商品を使ったペットの写真をハッシュタグを付けて投稿、アカウントで投稿を紹介&ぬいぐるみが当たるという写真投稿キャンペーンを行っていました。
こちらは6,000以上のいいねを獲得しています。
投稿写真がユーザー自身ではなく、自分のペットのためハードルが低く、自分のペットの可愛さ自慢ができるというのでより参加がしやすくなっています。
20200623_img03.png

3.リード獲得目的のプレゼントキャンペーン

【明治安田生命保険】
日本で初めて設立された生命保険会社である、日本大手企業。
キャンペーンは、Instagram広告(ストーリーズ広告)でキャンペーンを告知し、特設サイトへ誘導しています。
特設サイトでは、登録をすることで加湿器かリップが当たる獲得キャンペーンを実施。
ユーザーにメールアドレスを登録させることで、顧客リストが得られます。
名前とメールアドレスとパスワードのみと登録フォームは簡易的で比較的気軽に参加しやすくなっています。
またサイト内には、保険についてのコンテンツや契約者限定特典情報など、キャンペーンだけで繋がりを終わらない仕組みが多々見られます。
2020062_img04.png

まとめ

今回は、Instagramのキャンペーンを紹介しました。今回挙げた3つのキャンペーンで共通しているのは、「ユーザーにとって参加しやすいか」です。
ぜひユーザーの立場になってキャンペーンを考えていきましょう。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket