AdMarket

お気軽にご相談ください。

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

解析
Google アナリティクスと他のサービスを連携しよう[GoogleAnalytics Vol.20]

2020年7月27日

Google アナリティクスでは、Googleの他のサービスと連携しデータ分析ができます
各単体のサービス側の管理画面からデータも確認できますが、Google アナリティクスと連携することによって、Webサイトをより効率的に分析ができ、改善施策を生みやすくなります。

1.Google アナリティクスとGoogle広告と連携

リスティング広告やディスプレイ広告、YouTube広告など、Google広告とデータを連携することができます。
それぞれの広告の状況をGoogleアナリティクス側でもデータの閲覧、分析ができます。コンバージョンに至るまでのWebサイト内の行動を追ってみましょう。
参照:Google アナリティクスとGoogle広告の連携

2.Google アナリティクスとSearch Consoleと連携

Google検索のデータを連携することができます。特にGoogle検索のキーワードの確認はよく利用する項目になります。集客に至っているキーワードや検索順位の確認をしてみましょう。
参照:Google アナリティクスとSearch Consoleの連携

3.Google アナリティクスとAdSenseと連携

自サイトにAdSenseを設置している広告枠とデータを連携することができます。配信された広告の回数などを確認してみましょう。
参照:Google アナリティクスとAdSenseの連携

4.Google アナリティクスと各サービスとの連携方法

「管理」→「プロパティ」→「サービス間のリンク設定」から各サービスの連携の設定を行います。
20200706_img02.png

今回ご紹介したGoogle広告、Search Console、AdSense以外にもGoogleのサービスがありますので適宜連携してみましょう。

まとめ

Googleアナリティクスとその他サービスとの連携は容易にできますので、ぜひ利用してみましょう。統合的にデータを閲覧することができるようになり、サイトの問題点や改善点のヒントを見つけられます。Googleアナリティクスを中心にデータを様々な角度から分析して行ってみましょう。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket