AdMarket

お気軽にご相談ください。

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

YouTube / 動画広告
【よくあるご質問】YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためにYouTube動画広告を使うのって効果的ですか?

2020年10月19日

Web広告の運用代理店としてYouTube動画広告を取り扱っていると日々様々なご相談を頂きます。商品の販促動画を流したい、学校のプロモーションムービーを流したい、求人広告を動画で配信したい、新店舗のオープン告知をしたい・・・等々。
中には個人や法人でYouTuberチャンネルを運営されている方からもご相談を頂くことがあります。そこで今回はYouTubeチャンネルに人を招くためにYouTube広告を使うのって実際どうなのか?という点についてご紹介したいと思います。

1.そもそもYouTubeチャンネル内のURLを広告の飛び先にすることは可能か?

可能です。
YouTube動画広告の飛び先はウェブサイトやLPだけでなく、YouTube内のURLを指定することもできます。これにより、例えば動画広告をクリックしたら自身のYouTubeチャンネルの動画一覧に繋がる・・といった内容の広告を配信することも可能です。

2.YouTube動画広告活用の難しさ

YouTube動画広告は視聴するだけで完結することが多いため、クリックして飛び先のURLまで至る確率は意外と低いです。なので、①動画広告を見て、②リンクをクリックして、③そのままチャンネル登録をするという所まで至ってくれる人が沢山いるとは思わないほうがよいでしょう。
この場合、かなりエッジの効いたコンテンツや、即時チャンネル登録をしたくなるような仕掛けが必要になります。

3.認知拡大用途として活用するのは可能

動画広告を配信することで即時チャンネル登録者数の増加に繋げるのは動画のコンテンツの良し悪しに大きく左右されるので、不確定要素がやや多いです。
それじゃあYouTube動画広告はYouTubeチャンネルの登録者数を増やすのには使えないのか?と思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。登録者数を即時的に増やすのではなく、一旦認知度を拡大することを主目的として広告を配信するのであれば、比較的ハードルは下げられると考えます。
この場合は、リーチ数の最大化を広告の目的とし、特定のターゲット層へのリーチをひたすら増やし、沢山の人に自身のチャンネルの動画を接触させることを目指します。すぐに登録者数が激増することはないかもしれませんが、継続的な広告配信により、YouTube内のSEOではまだ強い力を持てない中小規模のチャンネルでも多くの人に動画を見てもらうことが可能になります。

このようにして徐々に知名度を積み上げつつ、密にチャンネルの更新も続けることが出来れば、次第に「見たことある!」「この間広告で出てきた人だ!」というユーザーからの声を得やすくなります。

まとめ

広告を配信するだけでチャンネル登録者数が激増するのであれば、皆そうしているはずですよね。これを叶えようと思うと、実際には動画に相当な「引き」が必要になるので難易度は非常に高いと言えます。
一方で、チャンネルの規模が小さい間から多くの人の目に触れておくことは、その後の活動にとっても大きなプラスとして働くことが多いので、沢山の人が「見たことがある」という状態を形成することが非常に重要と言えます。
個人・法人問わずYouTubeチャンネルが乱立する昨今、登録者の争奪戦は以前にも増して熾烈になりつつありますが、一つのアピール方法として、広告を使用するという戦略を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket