AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

SNS広告 / 運用 
どちらが効果的?Instagram広告の『フィード』と『ストーリーズ』の違い[インスタグラム運用代行 Vol.20]

2022年1月 5日

Instagram広告の配信面には『フィード』『ストーリーズ』『発見タブ』の3種類があります。なかでももっとも比較されやすいのがフィードとストーリーズの配信面です。

それぞれの配信面で広告を見たことはあっても、実際にどれくらい効果が違うのか、気になっている方は多いのではないでしょうか?今回はInstagramのフィード広告・ストーリーズ広告について、それぞれの違いをご紹介いたします。

1.『広告配信面』としての違い・特徴

広告の出稿先を検討するうえでは「ターゲットとなるユーザーがどれくらい見ているのか?」「どのような用途で使用しているのか?」といった点を見ることが重要です。

日本でのInstagram利用者数は3,300万人(2019年3月時点:Facebook社公式の発表)となっており、男女比は男性が43%、女性が57%。年代別では20代がもっとも多くなっており、次いで30,40代が多くなっています。こうした媒体のユーザー傾向を把握したうえで、それぞれの配信面の特徴について見ていきましょう。

「フィード」の特徴

Instagramにおけるフィードとは、いわゆるタイムラインのことを指します。Instagramを開いてすぐ表示されるメインコンテンツの部分なので、フィードを閲覧するユーザーも多く幅広いリーチが期待できます。

またある調査によると、Instagramユーザーが企業アカウントのフィード画面を見るとき、主に以下のような目的で見られることが多いと言われています。

  • 企業やブランドの最新情報を得るため
  • セールやキャンペーンなどのお得な情報を得るため
  • 料理やコーディネートなど役立つ情報を得るため

広告を出稿する際にも、上記の目的になじむ訴求・クリエイティブデザインが好まれる傾向にあります。

「ストーリーズ」の特徴

Facebook社公式によると、Instagramデイリーアクティブアカウントの70%がストーリーズを利用しています。また20~30代女性のInstagramユーザーを対象に行われたアンケートでは、ストーリーズはフィードよりも「良く見る」と答えた人が多いという結果も出ています。※参照:サムライト株式会社『20〜30代女性ユーザーはどう使っている?Instagramの“機能別”利用実態調査』(2020年11月27日~30日)

そのため、若年層の女性ユーザーをターゲットとする広告配信では、フィードに加えてストーリーズ配信面への広告出稿はマストと言えます。

ストーリーズは投稿から24時間で自動的に消去されるという仕様上、ユーザーからは「最近のトレンドや話題を知るため」の目的として見られることが多く、広告においてもトレンド性の高い訴求で効果を発揮しやすい傾向にあります。

2.『広告効果』としての違い

続いてフィードとストーリーズそれぞれの広告効果について、実例を交えてご紹介します。

スキンケア商品の無料サンプル請求を促進する広告の事例

  • フィード

クリック数:2,577回
クリック率:1.20%
クリック単価:65円
消化金額:167,764円

  • ストーリーズ

クリック数:16,674回
クリック率:0.92%
クリック単価:47円
消化金額:791,667円

上記はフィード・ストーリーズの2つの配信面でそれぞれクリエイティブを用意し、広告を同時配信した結果になります。このように、一般的にフィード広告はストーリーズ広告よりもクリック率が高くなりやすく、クリック単価はストーリーズ広告が優位になる傾向にあります。

また、配信割合のバランスをInstagramの最適化システム(AIによる機械学習)に任せて配信したところ、ストーリーズの方に多くの広告費が割かれていることが分かります。

レディースファッションECサイトへトラフィックを誘導した事例

  • フィード

クリック数:3,556回
クリック率:1.61%
クリック単価:24円
消化金額:85,452円

  • ストーリーズ

クリック数:2,709回
クリック率:1.39%
クリック単価:24円
消化金額:64,390円

こちらのキャンペーンでは、レディースファッションのECサイトへ誘導する広告をフィード・ストーリーズの両面で配信しました。上記事例ではフィード広告のクリック率がストーリーズ広告に勝っており、配信単価はそれぞれ同じ24円となっています。

基本的にストーリーズ広告の方がクリック単価は安価になる傾向にありますが、広告の魅せ方、訴求内容次第ではパフォーマンスの傾向が逆転するケースもあります。

これから配信面を検討される際には、はじめから「どちらが良い」と決めるよりも、まずは両配信面のクリエイティブをそれぞれ用意したうえで同時配信し、効果検証を行うことをオススメします。

3.『入稿規定』『出稿方法』としての違い

Instagramのフィード広告・ストーリーズ広告は、それぞれ画像、動画どちらのクリエイティブにも対応しています。また複数の画像を使用する『カルーセル形式』での入稿も可能なため、広告の魅せ方は大変幅広いと言えます。

クリエイティブの入稿規定

  • フィード広告

【画像】

ピクセル数:正方形600×500px/横型600×315px/縦型600×750px
ファイルサイズ:30MB
ファイル形式:jpg、png

【動画】

アスペクト比:正方形1:1/横型1.91:1
ファイルサイズ:4GB
ファイル形式:MP4、MOV等
動画の長さ:最短3秒~最長60秒

【カルーセル】

ピクセル数:正方形600×500px/横型600×315px
アスペクト比:正方形1:1/横型1.91:1
ファイル形式:jpg、png、MP4、MOV等
画像・動画の数:3枚~10枚(それぞれ異なるリンク先を設定可能)

  • ストーリーズ広告

【画像】

ピクセル数:最小600 x 1067(推奨1080 x 1920)
ファイルサイズ:30MB
ファイル形式:jpg、png

【動画】

アスペクト比:9:16
ファイルサイズ:4GB
ファイル形式:MP4、MOV、GIF等
動画の長さ:1~15秒

【カルーセル】

アスペクト比:9:16
ファイル形式:jpg、png、MP4、MOV、GIF
画像・動画の数:2枚~10枚

出稿方法

20220105_img02.PNG

フィード・ストーリーズへの配信設定は上記画像のとおり、広告セットの「配置」>「手動配置」からそれぞれ選択可能です。

それぞれの配信面で効果を検証したい場合は、以下のように2つの広告セットを用意すると良いでしょう。

  • フィードだけに配信する広告セット
  • ストーリーズだけに配信する広告セット

まとめ

こちらではInstagram広告の配信面『フィード』『ストーリーズ』それぞれの特徴や広告効果についてご紹介しました。

できる限りクリック単価を抑えたいケースではストーリーズ広告に軍配があがりますが、ストーリーズとフィードはそもそもリーチできるユーザー層も異なります。

まずは両配信面に配信して効果検証を行いながら、パフォーマンスの良い広告を取捨選択していきましょう。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket