AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

SNS広告 / 運用 
LINE友だち追加広告の実際の費用対効果(CPF)を事例とともにご紹介![LINE運用代行 Vol.17]

2022年2月 1日

LINE公式アカウントを運用している担当者の方なら、おそらく一度は耳にしたことがあるであろうLINEの『友だち追加広告』。2019年11月にリリースされた、LINE広告のなかでも比較的新しい広告フォーマットのため、まだ実施に踏み切れていない方も多いでしょう。

LINE友だち追加広告では、ターゲットに設定したユーザーに対して、LINE公式アカウントへの友だち追加を促す広告を配信することが可能です。しかし、実際の費用対効果については、弊社にも多くのお問い合わせをいただきます。

そこで、今回はLINE友だち追加広告を弊社で運用した際の事例も含めて、どれくらいの費用対効果があるのかを分かりやすくご紹介します。

1.LINEの友だち追加広告とは?

LINE友だち追加広告とは、LINE公式アカウントの友だちを獲得することを目的とした広告です。ほかのWEB広告やSNS広告に多い『クリック課金制(CPC)』や『表示課金制(CPM)』と異なり、実際の友だち追加数に応じて課金される『友だち追加課金(CPF)』が採用されていることが大きなメリットの1つです。

配信面(掲載場所)

20220201_img02.PNG

画像引用:LINE for Business - 友だち追加広告LINE広告(友だち追加)

LINE友だち追加広告は、LINEアプリ内のトークリスト、LINE NEWS、VOOM(旧タイムライン)にて広告が配信されます。広告をタップすると「友だち追加」のボタンがポップアップし、これがクリックされるときに友だち追加が完了します。

クリエイティブ規定

  • クリエイティブフォーマット: 静止画のみ(1200 × 628 / 1080 × 1080)
  • ファイル形式: jpg / png
  • サイズ: 5MB以内
  • 入稿テキスト: タイトル(20文字以内)、説明文(75文字以内)※半角全角は問わない

LINE友だち追加広告の留意点として、クリエイティブは『静止画』のみの対応となっています。動画やカルーセル広告には対応していないため注意が必要です。

また広告の飛び先となるLPは必要ありませんが、認証済のLINE公式アカウントが必要となります。LINE公式アカウントの認証申請は、管理画面の「設定(歯車マーク)」>「アカウント設定」と進み、「アカウント認証をリクエスト」を選択すると審査が始まります。(通常5~10営業日で審査が完了)

ターゲティングや上限単価(CPF)の設定方法

LINE友だち追加広告における基本設定(基本情報、掲載期間、キャンペーン予算など)は、ターゲット設定を含めて通常のLINE広告と変わりありません。

ただし、広告の設定項目『最適化と入札』の部分については通常のLINE広告と異なり、上限CPF(友だち獲得単価)を設定することが可能です。入札単価の設定方法は「友だち追加の最大化を目的に自動で設定(自動入札)」「手動で設定(手動入札)」の2種類があり、自動入札の場合は上限CPF 75円~、手動入札は上限CPF 50円~設定することができます。

基本的には「自動入札」を選択し、LINE広告の機械学習に任せた方がパフォーマンスは向上しやすい傾向にあります。

2.実際の友だち獲得単価(CPF)の目安

LINE友だち追加広告は比較的新しい広告フォーマットのため、まだ参入者が少なく、獲得単価も抑えやすくなっています。以下では、弊社で友だち追加広告の配信を行った一例をご紹介します。

配信事例(教育業界)

  • キャンペーン予算:¥150,000
  • インプレッション数:541,814回
  • 友だち獲得数:562人
  • 友だち獲得率:0.1%
  • 友だち獲得単価:266円

上記は教育業界のLINE公式アカウントで友だち追加広告を配信した際の事例です。多くのインプレッションで認知を稼ぎながらも、友だち獲得単価が200円台でしっかりと目的を達成することができています。

上記事例のほかにも、弊社の運用実績では多くのケースで友だち獲得単価200~400円に着地しています。友だち追加広告では広告のクリックがそのまま公式アカウントの友だちとして残るため、広告配信後の継続的な販促施策にも活用することができ、多くの担当者様に高い費用対効果をご実感いただいています。

弊社では友だち追加広告のご相談・シミュレーションなども無料でご案内しているため、ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回はLINEの友だち追加広告についてご紹介しました。高い費用対効果を見込むことができる広告フォーマットのため、現在リスティング広告や他のSNS広告でのCPAが高騰してしまっている企業様などは、LINE友だち追加広告で効果検証してみてはいかがでしょうか?

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket