AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム


【今更聞けない】リスティング広告とディスプレイ広告の違い・使い分け方をご紹介[Web広告運用代行Vol.23]

2022年7月29日

ウェブ広告の代表格として、リスティング広告とディスプレイ広告という種類がありますよね。広告の見た目としては全く異なるものですが、実際どのように使い分ければいいの?リスティング広告とディスプレイ広告、結局どちらが良いの?というお声をよく耳にしますので、今回はこの2種類の広告の違いをご説明したいと思います。

1.リスティング広告とは

20220729_img02.jpg

「検索連動型広告」とも呼ばれ、検索エンジンで検索を行った際に結果の上部や下部に表示されるリンクがリスティング広告です。

メリット

関連性の高いキーワードで検索が行われた際にしか広告が表示されないので、興味の無い人には広告が配信されません。故にコンバージョンに至る可能性の低いユーザーへの無駄な広告配信を極力少なくすることができ、コンバージョン率を高めることが出来ます

デメリット

短所はまさに長所の裏返しです。関連性のあるキーワードで検索された際にしか広告を表示させることが出来ないので、ニーズが顕在化していないユーザーに対しては全くアプローチすることが出来ません。また、基本的には文字だけの広告なので、見た目や雰囲気等も文字でしか伝えることが出来ません。

2.ディスプレイ広告とは

20220729_img03.jpg

GoogleやYahoo!等、各媒体の広告枠が設置されているウェブサイト上やスマホアプリ上にバナーを表示させるのがディスプレイ広告です。

メリット

画像で表現することが出来るため、リスティング広告よりも商品の見た目やイメージを分かりやすく伝えることが出来ます。また、ターゲット指定したユーザーに対し自ら広告露出するため、まだニーズが顕在化していない「潜在層」と言われるターゲットユーザーにも広告を接触させることが出来ます。

少額でかなりの回数の表示回数を得ることが出来るため、認知度の拡大にも向いています。

デメリット

検索し、情報を求めているタイミングにのみ出現するリスティングと異なり、様々なタイミングで広告が表示される可能性があるため、基本的にコンバージョン率ではリスティング広告に軍配が上がります。

3.リスティング広告とディスプレイ広告の使い分け

「リスティング広告とディスプレイ広告ってどっちがいいの?」というご質問によく出会いますが、結論から言うと広告の目的や商材によって異なります。

とにかく目先にコンバージョン数を底上げしたい場合はコンバージョン獲得に特化しやすいリスティング広告をお勧めしていますが、一方で商材の強みが「おしゃれなパッケージ」や「高級感のある外観」等、見た目に関するものであれば文字だけでしか表現できないリスティング広告は向いていない場合もあるかもしれません。

自社商材を知らないユーザー、または類似商品を探している状態ですらないユーザーに広告を配信することで需要を喚起したり、認知を拡大したりする場合にはディスプレイ広告が適任です。なお、広告のデザインの手を抜いてしまうとマイナスイメージになりかねないので、広告のクオリティがより強く求められます。

4.リスティング広告とディスプレイ広告で相乗効果

リスティング広告かディスプレイ広告どちらかだけ…ではなく、両方とも運用することで相乗効果をもたらす場合もあります。

まだ商材を認知していないユーザーに対してはディスプレイ広告を配信し、興味を持ってくれたユーザーが関連するキーワードで検索すると、そこでも同じ商材のリスティング広告が表示される、というプロモーション構造を2つの広告を併用することで持たせることも出来るのでお勧めです。

まとめ

各広告には様々な使い方が考えられるので、あくまで代表的な例ではありますが、

▼リスティング広告▼
コンバージョン獲得に向いているが、表現方法は文字のみ。
認知拡大や潜在層に対するアプローチには全く向いていない。

▼ディスプレイ広告▼
認知拡大にもコンバージョン獲得にも幅広く使用しやすいが、
リスティング広告ほどコンバージョン獲得に特化はしていない。
画像で表現出来るので広告表現の幅が広がるが、制作のクオリティは重要。

また、両方併用して広告運用することで互いの弱点を補い合い、相乗効果をもたらすことも可能です。

媒体選択で迷った場合や、ハイクオリティなバナー広告を制作する自信がない!といった方は是非お気軽にAdMarketまでご相談ください。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket