AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

SNS広告 / 運用 
Lステップ導入で配信効率を大幅改善! LINE公式アカウントの基本マーケティング戦略[LINE運用代行 Vol.21]

2022年9月15日

高価な、あるいは一定の検討期間を要する商材、またECサイト全般と非常に相性の良い『LINE公式アカウント』でのマーケティング。見込み客の「少し気になる」といった段階から接点を持つことができ、有益な情報を与え続けることで購買意欲を育てること(顧客育成)が可能です。

LINE公式アカウント単体でも強力なマーケティングが可能ですが、機能拡張ツール『Lステップ』を導入すると、獲得効率を大幅に高めて集客することができます。今回はLステップを導入することで可能になること、また得られるメリットについてご紹介します。

1.Lステップ導入で強化されるLINE公式アカウントの運用戦略

LINE公式アカウントの機能拡張したツール『Lステップ』には様々な機能がありますが、Lステップを導入することで可能となる戦略には以下のようなものがあります。

  1. あいさつメッセージのアンケートで顧客情報の取得
  2. 顧客情報に応じたメッセージ配信/リッチメニューの出し分け
  3. スコアリング機能を活用して関心度の低いユーザーへの配信停止

これらの戦略を可能になることで、適切なユーザーへ適切な情報を届けることができます。

2.『適切なユーザーへ適切な情報を配信』することで得られる3つのメリット

Lステップによって適切なユーザーへ適切な情報を配信できるようになれば、以下のメリットを享受することができます。

メッセージのムダ打ちが無くなる

ユーザーの条件によってメッセージ配信ができるため、ムダ打ちがありません。

※友だち数が3万人(男女半々)いる場合、月4回のメッセージ配信で225,000円のコストがかかりますが、Lステップ導入なら男女別の配信を月4回で139,800円に。

ブロック率が低下

配信するメッセージと受信するユーザー層にミスマッチが起こりにくく、ブロック率を大幅に抑えることが可能です。

CVRの向上

ユーザー条件に応じて配信が行えるため、PRしたい商品やサービスをPRしたいユーザー属性に対して配信することができ、CVR(獲得効率)が大幅に向上します。

3.Lステップで真っ先に活用したいおすすめ機能

友だち追加時のアンケート機能

Lステップの機能を活用すると、友だち追加時にアンケートを設置し、答えた内容に応じて自動でタグ付けを行うことが可能です。ここで答えられた内容によってユーザーの属性を明確にし、顧客管理が可能に。

さらにユーザー条件に応じてメッセージ配信やリッチメニューの出し分けを行うことができます。

タブ分けリッチメニュー

タブで分けられたリッチメニューや、カスタムのリッチメニューを設置することができます。

操作性の高いリッチメニューに仕上げたり、ブランドの世界観・コンセプトを色濃く反映したリッチメニューに仕上げることが可能。「男性用」「女性用」というように、条件に応じて表示するリッチメニューを変更することもできます。

まとめ

こちらではLINE公式アカウントの機能拡張ツール『Lステップ』についてご紹介しました。Lステップは「現在LINE公式アカウントで毎月配信を行っているけど、いまいち効果が出ているのかどうか分からない」といった方には特にオススメです。

とはいえ、導入に関しては複雑な機能面も多いため、Lステップ導入を検討されている方はお気軽にAdMarketまでお問い合わせください。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket