AdMarket

お気軽にご相談ください。WEB商談も対応中!

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6206-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム

新技術 /トレンド
これでクッキーレス対策も万全!リード獲得を促進して広告に活用しよう [クッキーレス Vol.5]

2022年6月 9日

世間の個人情報保護強化の風潮を受け、2023年6月をもってWEB広告にてサードパーティクッキーの利用が大きく制限されます。これにより、これまでWEB広告で当たり前のように使われてきた「興味・関心ターゲティング」「リターゲティング広告」が利用できなくなると言われています。

この代替策の1つとして非常に有効なのが、自社顧客データ(カスタマーリスト)を活用したターゲティング方法です。サードパーティクッキーを使用することなく実質リターゲティングと同等の効果を得ることができ、さらに類似オーディエンスへ拡張配信することで既存顧客と多くの共通項を有する新規ユーザーへアプローチすることも可能です。

この代替策の1つとして非常に有効なのが、自社顧客データ(カスタマーリスト)を活用したターゲティング方法です。サードパーティクッキーを使用することなく実質リターゲティングと同等の効果を得ることができ、さらに類似オーディエンスへ拡張配信することで既存顧客と多くの共通項を有する新規ユーザーへアプローチすることも可能です。

▼既存顧客データの広告活用概要はこちらをご覧ください
【必見】クッキーレス時代に備えたリマーケティングの代替手法【クッキーレスVol.4】

つまり、これからのクッキーレス時代に備えるためには、自社見込み客のリードを獲得する基盤を構築しておくことが必須と言えるのです。今回は、クッキーレス対策3STEPの3つ目として、いかにリード獲得を促進していくかについてご紹介します。

▼クッキーレス対策3STEP概要はこちらをご覧ください
クッキーレス時代がやってくる!Web担当者は知っておきたいクッキーレス対策3選[クッキーレス Vol.2]

1.クッキーレス時代に備えてリード獲得基盤を構築する4つの施策とは?

見込み客のリードを獲得するためには、見込み客に個人情報を入力させるだけのインセンティブ(報酬)が必要です。どのようなインセンティブが適しているかは業種によって異なりますが、こちらでは代表的な4つの施策についてご紹介します。

■ ギフト・クーポンの配布
ギフトやクーポンが当たるキャンペーンなどを開催し、その応募条件として会員登録などを促す施策。主にB to C業界に適したインセンティブです。

■ 資料のダウンロード
見込み客に有益な情報を資料にまとめ、無料ダウンロードと引き換えに個人情報の入力を促す施策。B to B業界では大変有効な施策であり、オウンドメディアに常設することで自動的に顧客情報を収集してくれます。資料の種類によって見込み客の確度をセグメント分けすることも可能です。

【例】
・課題に対するソリューションの資料:確度は低め
・具体的な事例や他社との比較資料:確度は中程度
・自社商品・サービスの詳細資料:確度は高め

■ ウェビナーの開催
顧客に有益な情報を発信するウェビナーを開催し、見込み客は参加申し込み時に個人情報を入力します。ウェビナーの際にアンケートや質疑応答なども加えることで見込み客の確度を確かめることもできます。

■ 会員限定コンテンツの提供
見込み客にとって有益な記事の閲覧、もしくはツールなどの機能利用と引き換えに会員登録を促す施策。近年では会員限定コンテンツの一部を無料開放することで自社商品やサービスを「体験」として与え、更なる閲覧・機能利用に会員登録を要求するパターンが主流となっています。

2.リード獲得を加速させるため4つの方法

リードを獲得するためのインセンティブ(報酬)を用意したあとは、そのインセンティブが見込み客に認知されるための接点を作っていく必要があります。これら2者を準備して、初めてクッキーレスに対応できる自社顧客情報の収集基盤が完成します。

■ コンテンツマーケティング
自社商品・サービスに関連するコンテンツの記事やLPを複数作成し、自然検索にて見込み客を集客します。記事・LPには「資料ダウンロード」のCTA(行動喚起)、あるいは資料ダウンロードページへのポップアップを実装し、リード獲得までの導線を確保します。
CTAやポップアップに使用するバナーやボタンの文言、色などは絶えずA/Bテストにて効果検証し、コンバージョン率が最大値となるよう調整していくと良いでしょう。

■ WEB/SNS広告
WEB広告やSNS広告を活用し、ウェビナーやオウンドメディアに見込み客を集客します。コストがかかりますが、短期間で一定の成果が期待できます。

■ SNSキャンペーン
Twitterなど拡散性の高い媒体を利用し、ギフトやクーポンが抽選で当たるSNSキャンペーンを開催します。ツールを導入すれば、「会員登録することで抽選結果を閲覧できる」といった仕組みも作ることができ、効率的なリード獲得はもちろん、商品・サービスの幅広い認知やフォロワー数の増加といった恩恵も受けることが可能です。

■ 会員紹介キャンペーン
すでに会員である顧客に商品やサービスを紹介してもらう仕組みを作れば、労力をかけずに見込み客を開拓していくことが可能です。同商品やサービスを紹介したいと思えるような魅力的なインセンティブが必要です。

まとめ

今回はクッキーレス時代にも効果的に利用できる「顧客データを活用したターゲティング」について、そのデータソースとなる見込み客のリード獲得基盤の作り方をご紹介しました。
サードパーティクッキーの利用が廃止されれば、自社の顧客データをいかに多く持っているかがWEB広告の成功を左右するカギとなるでしょう。
2023年6月終了と共に始まるクッキーレス時代に備えて、早期にリード獲得の基盤を築いておくことをオススメします。
次回は最後に、Web広告施策に使えるマーケティングアイデア・事例について紹介致します。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket