お気軽にお問い合わせを 東京窓口 03-6206-6466 関西窓口 075-365-0571 03-6206-6466 075-365-0571

お問い合わせフォーム

お見積りフォーム

  • ホーム
  • googlelab
  • ユニバーサルアナリティクスー第1回「ユニバーサルアナリティクスとは?移行しているか確認する方法」

googlelab

ユニバーサルアナリティクスー第1回「ユニバーサルアナリティクスとは?移行しているか確認する方法」

2015年7月22日

<ごあいさつ>

こんにちは。YouTube研究所に出張続きだったはらちゃんです!
Google研究所はお久しぶりですね。
ここのところ猛暑続きで、いよいよこの季節がやってきたか...という感じです。

今回はAdWordsではなく、Analyticsのお話をさせていただきたいと思います!
実際、はらちゃんはGoogleアナリティクスを利用してアクセス解析をしているのですが、昨年あたりからよく耳にするようになった「ユニバーサルアナリティクス」について、ご紹介致します。



<本編>

みなさん、「ユニバーサルアナリティクス」ってご存知ですか?
Webに精通されている方はご存知の方も多いとは思いますが、まだまだ移行されていないサイトが多くあるように思えます。
既に色んなサイトで「ユニバーサルアナリティクス」について取り上げられてはいますが、おさらいも兼ね、4回に分けて「ユニバーサルアナリティクス」について徹底解説をしたいと思います!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユニバーサルアナリティクスについて連載4回の内容は以下になります。


第1回「ユニバーサルアナリティクスとは?移行しているか確認する方法」◀今回

第2回「ユニバーサルアナリティクス移行前に知っておきたい3つの特徴」

第3回「ユニバーサルアナリティクス移行前に知っておきたい3つの注意点」

第4回「ユニバーサルアナリティクスへの移行手順とその方法」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



■ ユニバーサルアナリティクスとは?

E2VXg0y2RIPMQT5lnFi4jnxSWcB402g-vtkMcKVwYEt3intpl06bESmBzFOWBZptWdLb-rvB=w375.png

そもそも、ユニバーサルアナリティクスとは何でしょうか?一言でいうと、Google Analyticsの新バージョンのことです。
ユーザー環境がPC、スマートフォン、タブレット...のようにマルチデバイス化している状況に合わせて再設計されています。



■ 新バージョンって何が変わったの?


新しいバージョンで何が変わったのか、大きくわけて2つあります。

201507151529.png

*詳細については次回以降の記事で詳しく説明します。


2015年7月現在、ほとんどのアカウントが自動アップグレードされており、生成されるコードは「ユニバーサルアナリティクス」のものです。
機能の変化というのは、異なるデバイスでのアクセスを同一ユーザーとして分析出来るようになったことや、別ドメインをまたいだ計測の設定が容易になったことなどが代表としてあげられます。
もっと詳しく知りたい方は、第2回「ユニバーサルアナリティクス移行前に知っておきたい3つの特徴」で詳細について解説しているのでチェックしてみてくださいね。



■ ユニバーサルアナリティクスへの移行は必須


ここで、最も押さえるべき注意点として、

「ユニバーサルアナリティクスに必ず移行しなければならない」ということです。

ユニバーサルアナリティクスは、2014年4月に正式にリリースされ、Googleの公式の情報によれば「2年後には従来のバージョンはデータが計測されなくなる」とされています。
つまり、従来のGoogleアナリティクスのコードを埋め込み、データを取得している場合、2016年4月をもってデータが取得出来なくなるということになります。



■ ユニバーサルアナリティクスに移行しているかチェック


まずは、サイトがユニバーサルアナリティクスに移行しているか確認してみましょう。確認方法は簡単です。
サイトに埋め込まれているGoogleアナリティクスのトラッキングコードに「ga.js」が含まれている場合は従来のもの、「analytics.js」が含まれている場合は、ユニバーサルアナリティクスになります。


それでは、実際に確認してみましょう!
今回はChromeのブラウザで確認してみます。


STEP1 右クリック→[要素の検証]をクリック

screen-shot2015071511-26-45.png

ページのソースを表示します。


STEP2 Windowsであれば[ Ctrl + F ]、Macであれば[ Command + F ]で検索タブを表示し、「analytics.js」を検索

screen-shot2015071511-25-47.png


201507151532.png

ソースの中に「analytics.js」が含まれていれば、ユニバーサルアナリティクスへ移行済みです。
「ga.js」が含まれていれば、従来のコードになるので、移行作業が必要になります。



<<ちなみに...>>

2014年4月以降にトラッキングコードを生成し、埋め込んでいる場合は、ユニバーサルアナリティクスへ移行されている可能性が高いです。
というのも、ユニバーサルアナリティクスは2014年4月に正式リリースされ、ツール側のアップグレードが自動的に行われ生成されるコードがユニバーサルアナリティクスのものになったためです。
ただ、プロパティによって自動アップグレードされた時期は多少異なるので、コードを差替えた記憶が曖昧、埋めん込んだけれどユニバーサルアナリティクスかどうかは不明な場合は、移行済みかどうか1度確認してみてください。



<さいごに>

今回はここまでです。

第1回は「ユニバーサルアナリティクスとは?移行しているか確認する方法」ということで、ユニバーサルアナリティクスの概要と、移行済みか確認する方法をご紹介致しました。
次は、第2回「ユニバーサルアナリティクス移行前に知っておきたい3つの特徴」になります。
今回、確認してみて移行をしなければならない方も、既に移行済みの方も、ユニバーサルアナリティクスの特徴について詳しく知りたい方は参考にしていただけると嬉しいです。

また、すぐに移行作業について知りたい方は、第3回「ユニバーサルアナリティクス移行前に知っておきたい3つの注意点」、第4回「ユニバーサルアナリティクスへの移行手順とその方法」を参照していただければと思います。


弊社では、「ユニバーサルアナリティクスへの移行サポート」も承っております。もし、「自分でするのは不安だ」「よく分からない」「ユニバーサルアナリティクスへの移行をしてほしい」という方は、弊社Web解析サービス「PRO-MAINTEプレミアム」特設ページをご覧いただければ幸いです。



<参考サイト・書籍>

Googleアナリティクスヘルプーユニバーサル アナリティクスを使用しているかどうかを確認する

Googleアナリティクスブログーユニバーサル アナリティクスが正式リリースされました

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

Web広告&SNS広告の運用に関するお問い合せ・ご相談は今すぐこちら

【営業時間】平日9:00〜18:00(土日祝除く)

お問い合せフォーム

運用相談フォーム

専任アドバイザーが伺います
【訪問可能エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・滋賀

Web広告&SNS広告運用 AdMarket