AdMarket

お気軽にご相談ください。

[ フォーム:24時間受付 ]

  • 東京 / 03-6203-6466
  • 関西 / 075-365-0571

[ 電話:平日9:00-18:00受付 ]

コラム


【WEB広告】費用対効果がいいのはどれ?課金方式解説[Web広告運用代行Vol.15]

2019年10月24日

広告を出すにあたって避けて通れない広告費。どれほどかかるか気になる方が大半だと思いますが、WEB広告の料金形態にはいくつか種類があります。どんな形態があるかを理解し、無駄な出費なく広告を活用しましょう。

1.WEB広告の課金方式①クリック課金型

WEB広告の課金形態で一番主流なのがクリック課金です。広告がクリックされてから料金が発生するため、非常に費用対効果が高いです。さらにキーワードの選び方次第では、購入などの成果も出やすく安定した集客が見込めます。気をつけたいのは、検索率の高いキーワードで広告を出すと、クリックが集まり、1クリックに数千円もの広告費がかかる場合もあります。また、予算が少ないとより費用を出している広告が優先されるため、広告が全く表示されないということもあります。予算と競合数との兼ね合いでうまく活用していきましょう。

主な配信媒体::リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告

2.WEB広告の課金方式②インプレッション課金型

広告の表示回数によって課金される費用形態です。表示1回単位では数字が小さいため、表示1000回単位で取引する広告媒体が多いですとにかく表示回数やリーチを伸ばしたい場合に最適です。ただし、表示されただけで費用が発生するため、成果を出したい場合は、クリックされるように工夫して広告を制作することが必要です。

主な配信媒体:ディスプレイ広告、SNS広告

3.WEB広告の課金方式③成果報酬型

広告からきたユーザーが実際に購入や登録といった行動を起こし、目的の成果が達成された場合に課金される費用形態です。無駄な広告費が抑えられる点が特徴です。1成果あたりの報酬額も広告主が決められるため、予算のコントロールがしやすいメリットもあります。ただし成果報酬型を採用している媒体がアフィリエイトくらいなので、初期費用や固定費にまとまった金額がかかります。

主な配信媒体::アフィリエイト広告

4.WEB広告の課金方式④掲載期間保証型

あらかじめ定められた期間で広告掲載を保証する形態です。掲載する期間や掲載するサイト、サイト内の枠の位置によって金額が変わります。決まった場所に表示されるため、ターゲットの訪問数が高い場所を確保すれば何度でも表示させることができます。注意点としては、成果がなかったとしても一定の費用はかかってくることと、掲載後は内容や費用の変更ができないため、掲載先やターゲティングをしっかりと考えてから掲載しましょう。

主な広告:純広告

まとめ

WEB広告の費用形態は様々でそれぞれにメリット・デメリットがあります。広告を出す目的やターゲットはもちろんですが、どの課金方式と相性が良いのかも一緒に考えてみるとより費用対効果の良い広告が出せるでしょう。

同じカテゴリの記事

コラム記事一覧

PAGE TOP

Web広告&SNS広告運用 AdMarket